しごとCHANNEL365【シゴトチャンネルサンロクゴ】

MENU

4ch

【突撃!採用担当】

採用の仕事から求める人物像までを徹底調査!

main.jpg

株式会社水戸京成百貨店 総務部 人事担当

わだ ひろよし

和田 泰義さん

入社2013年・樹徳高等学校~常磐大学出身

  • 2016年
  • 3次産業
  • 男性
  • 茨城県央
  • 販売業

良い所も悪い所も知った上で選んでほしい

003.jpg

採用する際に必ず見るところは、会社の社風に合っているのか、当社のことを良く理解できているのかという所ですね。良い所も悪い所も全てお話した上で、それでも水戸京成百貨店を選んでいただける方を採用したいと思っております。企業と学生のミスマッチというのが頻繁に言われていますが、それはお互いに避けたいことなので、事前に社風などを十分お伝えして、面接の際にはそれをよく理解して受けているのかどうかを見ています。
当社の場合、フロアによって雰囲気が違うので一概には言えませんが、催事やイベントの際にはフロアの垣根を越えて皆で取り組む社風ですので、社員同士の仲は非常に良好だと思います。業務外でも、毎年水戸黄門まつりの際には踊りに参加しておりますので、そういったイベントにも精力的に参加し、自ら楽しんでいけるかどうかは大事ですね。

選択の幅を広げる選択

004.jpg

幅広い経験は何に対しても役立つと思います。いろんな経験を積んでいるとそれがその人の厚みになりますので、留学やアルバイトなど、様々なことを時間がある学生の間に経験しておくことは大切です。また、急いで進路を決める必要はあまりないと思います。あえて決めるとしたら、より選択肢を広げられる方向に決めることですね。
私の場合、高校生の頃に文系理系を選択する機会があり、当時は小説を読むのが好きだったので短絡的に文系に決定してしまったんですけども、大学生になってからは「理系分野も好きかもしれない」と気付いて後悔したんです。その為、あまり早すぎる決断をするよりは、将来どんなきっかけがあるかわからないのだから、その時にやりたいものに進める場所にいられればいいんじゃないかと思います。学校の勉強は、将来自分が就く仕事に直接関わっては来ないかもしれないけれど、より良い高校、より良い大学に行ければその分選択の幅も広がる可能性がありますから。一見人生の役に立たなそうな学校の勉強でも、もっと熱心に取り組んでおけばよかったなと感じています。

会社概要

弊社は、呉服店として創業した明治41年から今に至るまで、茨城県の皆様に長くご愛顧頂いている、
地元茨城に根差した百貨店でございます。地域の皆様とコラボレーションしたイベントを実施するなど、地方百貨店ならではの親しみやすさを武器に経営をしております。
また、2016年には新店舗オープン10周年を迎え、新ブランドの導入や既存のショップのリニューアルなどを現在も進めており、地域の皆様へさらなる魅力をお届けできるようこれからも邁進していきます。

会社名 株式会社水戸京成百貨店
設立 明治41年
従業員数 438名
資本金 2億円
代表取締役 斉藤 貢
事業内容 百貨店経営
ホームページ http://www.mitokeisei.co.jp/
前のページに戻る