しごとCHANNEL365【シゴトチャンネルサンロクゴ】

MENU

4ch

【突撃!採用担当】

採用の仕事から求める人物像までを徹底調査!

main.jpg

株式会社エジソン 採用担当

たしろ まや

田代 麻弥さん

31歳・茨城県立土浦第一高等学校~筑波大学 第三学群 国際総合学類出身

  • 2016年
  • 3次産業
  • IT
  • 女性
  • 茨城県南
  • 記事内容・役職は取材当時のものです。

社会に無くてはならないシステム

image01.jpg

当社は資源や廃棄物管理に必要な仕組みをITで展開している会社です。廃棄物の管理については排出事業者独自のやり方で管理するのではなく、社会や法律で決められた方法があります。

例えば、その一つの方法として、マニフェスト※1というものがあります。マニフェストとは7枚複写式の綴り伝票のようなもので、廃棄物を廃棄する際にはいくつかの工程があるのですが、1工程ごとに関わる事業者の方が1枚サインをしていき、最後の7枚目が排出事業者の方に送り返されます。その時点で処分が適正に完了したことになり、最終的にその7枚目の事項をまとめて報告書として自治体に提出する事を排出事業者のご担当の方が行っているんです。

ただ、従来通りの紙の管理ですと途中で紛失するリスクや偽造されるリスクもあります。そこをIT化や電子化をして、ある一定の権限を持っている人ではないと操作できなかったり、GPSやETCと連動させトレース※2をしたり、電子的に読み取ってマニフェストを発行するような仕組みなども提供しています。このような仕組みをITを活用し展開している会社は多くはないため、事業者様向けのシステムとしては国内のシェアがトップですね。

昨今では、地球温暖化に対する取り組みなど、循環型社会に対する意識が高まっており、新たな枠組みや法律などができています。しかし、未来の環境を守るために必要とはいえ、現場の方の業務に負荷がかかってしまうのも事実。適正かつ効率的に資源の管理ができる当社のシステムは需要が高く、規模を問わず全国の企業様に導入いただいております。

※1 マニフェスト:産業廃棄物管理票のこと。排出事業者が産業廃棄物の処理を外部に委託する際に産業廃棄物の種類、数量、運搬業者名、処分業者名などを記入し、産業廃棄物とともに業者へと渡す。
※2 トレース:対象とする廃棄物の履歴・経路などを確認し、追跡可能とする事。

自分の言葉で伝えて欲しい

image02.jpg

採用のお仕事としては、当社では年度ごとに経営計画を立てるのでそれに沿って採用したい人物像を定めて、採用計画を実行するまでの全ての業務を担っています。
会社説明会の企画に使用する会場や備品などの手配、当日の運営と学生さんへのプレゼンテーション、選考が始まれば面接も担当します。
最終的にその方を採用するかどうかは代表や責任者が決めるのですが、それまでのほぼすべての段取りを担当しています。

採用時に当社が気にしているポイントは「主体性」と「素直さ」です。この2つを持っているかを面接で見るのは難しいのですが、例えば「どんな信念・意志を持ってどんな学生生活を送って来たのか」を自分の言葉でしっかり語れるかどうかなどを見ています。志望理由も聞きますが、何故当社に入りたいのかではなく、何故当社に興味を持ったのか、という視点で聞いていますね。
あらかじめ面接で話すことを暗記している方もいらっしゃいますが、こちらから話を深堀りして聞いていくことで、お互いを深く知ることができるように取り組んでいます。

続きを読む